私たちについて


事務所を田町に置きつつ大田区のモノづくり企業や文京区の医療製販企業などとともにビジネス展開しています。IT、ソフトウェア、インターネット分野の特許出願も得意です。

 

渡邉 泰帥(わたなべやすし)

 

渡邉知的財産事務所 所長 弁理士/認定経営革新等支援機関
日本弁理士会 関東支部 副支部長 <中小企業・ベンチャー支援委員会 委員長>
イリスキエンティア有限責任事業組合 パートナー

名古屋大学理学部物理学科卒業
株式会社リクルートにて情報ネットワーク事業で技術マネージャーを経て、情報誌事業で事業企画マネージャーとして事業に携わる
2003年より外資系IT人財育成コンサルの事業企画部長・営業部長として勤務
2008年より独立して、知財・IT・マーケティング・人財分野で経営支援活動を継続
2013年から2017年まで、札幌市立大学講師(非常勤)

2015年より東京都医工連携HUB機構 コーディネーター

関連サイト:「良い商品なのに売れない」 ⇒ こちら


IRIScientia LLP

 イリスキエンティア有限責任事業組合は、クライアントに寄り添って「知財の活用」で経営を支援し、共に成長を目指す専門家集団です。


 いま、日本経済の発展のためのキーワードは「知的財産の活用」だと言われています。このような時代、「我が社にとっても知的財産の活用は重要だ」、「自社のコア技術を使って新たなマーケットを開拓したい」などと多くの経営者が考えています。


 一方で、具体的に何から手を付けてよいかわからないとの声も多く聞こえてきます。

 我々は、豊富な経験と専門的な見地から、その声に応え、知的財産の活用を通じた企業の発展をお手伝いしてまいります。

 

 弊所、所長 渡邉 泰帥 は、イリスキエンティア有限責任事業組合の設立パートナーです。

 

経営革新等支援機関


(関東経済産業局認定支援機関)

 認定支援機関とは、中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、国が認定する公的な支援機関です。


 具体的には、商工会や商工会議所など中小企業支援者のほか、金融機関、税理士、公認会計士、弁護士が中心ですが、弊所は “ 知的財産の専門家(弁理士)” として認定を受けている稀有な認定支援機関です。

 

 「とにかく特許を取ってもらおう」、「商標登録さえしておけば大丈夫」 といった弁理士ではなく、認定支援機関として創業・スタートアップの経営課題を解決するために、個々のお客様にとって、いま、知的財産をいかに活用するかを考えたご提案を心がけています。

 
 弊所、所長 渡邉 泰帥 は、関東経済産業局認定経営革新等支援機関です。